マッチング拠出とは

企業型確定拠出年金のマッチング拠出とは

マッチング拠出を上手に活用

企業型確定拠出年金において、会社が拠出する掛金に本人が掛金を上乗せすることを「マッチング拠出」といいます。2012年1月の法改正によって、マッチング拠出ができる制度になりました。ただ、確定拠出年金制度を導入している企業ならどこでもできることではなく、企業と労使の合意によってマッチング拠出制度を採用している会社のみが対象になります。また、マッチング拠出が導入されていたとしても、必ず掛金を上乗せしなければならないのではなく、企業の掛金だけで十分だと思っていれば、強制されることではありません。企業型確定拠出年金自体は、ほぼ強制的になりますが、マッチング拠出は、あくまでも個人の選択になります。それでも、少し余裕があれば、マッチング拠出を利用したほうが良いでしょう。なぜかというと、掛金は所得控除されますし、配当や売却益も非課税となりますから、お金を散財してしまったり、他の貯蓄で税金を取られてしまったりするなら、マッチング拠出を利用したほうがお得だということです。マッチング拠出の金額は見直しも可能ですから、ライフプランに合わせて上手に活用することをおすすめします。

税制優遇を受けながら資金を増やせる魅力

マッチング拠出とは、企業の拠出額に加えて自分の給与から積み増せる制度で、掛金分、配当、売却益はすべて所得控除の対象になるため、税制優遇を受けながら資金を増やせることが魅力です。いくらでも掛金を積み増せるのではなく、法律上の制限が2つあります。①積み増す掛金が企業の拠出額を上回らないこと、②従業員拠出額と事業主拠出額合計が毎月の掛金限度額27,500円を上回らないことです。②の毎月の掛金限度額ですが、他の企業年金がない企業であれば、55,000円となります。有利な制度であっても、例えば住宅ローンがあるのに無理をしてマッチング拠出をすることはなく、住宅ローンの繰り上げ返済に回したほうがお得な場合もあるため、よく考えて始めましょう。